美しいお肌をつくりましょう

アクセスカウンタ

help RSS 化粧品の毒性を判定?

<<   作成日時 : 2009/09/14 15:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 68 / トラックバック 0 / コメント 1

ブログの更新を一年以上さぼっていたなんて、大変申し訳ありません

最近、よくお客様からの質問で「水添レシチンは合成界面活性剤なのになぜ使っているのですか?」とか「カルボマーのような肌に悪い合成ポリマーをなぜ使っているのですか?」といった質問を受けます。
どちらも大きな間違いなのですが、水添レシチンは合成の界面活性剤ではありませんし、カルボマーはとても安全性の高いポリマーです。
なぜ、そのような間違った知識が蔓延しているのか不思議に思い、調べることにしました。
口コミサイトでよく化粧品の毒性を判定しているのを見かけます。その中で水添レシチンを合成と書いていあるのを見て、その毒性の判定を行う本か何かが原因なのだろう、と思って探しました。
そして、「化粧品毒性判定事典」というのを見つけました。

こんないいかげんな本を信用しないで欲しい…素直な感想です。

まず、この本の著者は美容科学研究所所長となっていますが、実際はとある化粧品会社の社長です。
そしてこの人たちは50年も前から合成界面活性剤は毒だ!という活動を行ってきているそうです。
確かに50年も前の界面活性剤は問題が多かったでしょう。
しかし、ここ10数年の界面活性剤業界の開発課題は、石鹸より使いやすく、石鹸より安全で、石鹸より環境にやさしく、石鹸より肌にやさしい界面活性剤を、というコンセプトで行われてきました。
ですから、界面活性剤の毒性を語る場合、個々の界面活性剤について、また使用目的によって、その判定を行う必要があります。
たとえば、洗浄剤としてはとても安全なものでも、乳液に使用すると肌荒れをおこします。それは用途を間違えているのですが、それでも毒性があると判定していいのでしょうか?

結局、この本では合成の界面活性剤はすべて■■で、個々の評価が行われていません。
それはすべての合成界面活性剤を毒と言い放っている活動のせいだと思いますが、全く手抜きというか、科学的でありません。
また、「合成」の定義についても「皮膚に残った後もこわれない界面活性剤がある。本書ではこれを『合成界面活性剤』と呼ぶ」と書いてあります。つまり、科学的に合成かどうかではなく、ただそう呼んでいるだけです。全く科学的でなくいいかげんな定義です。
だから、前述の水添レシチンが「合成」と呼ばれてしまうのですね。
実際には、水添レシチンは大豆(または卵黄)のレシチン(天然です)がとても劣化しやすいので、水素添加という化学反応によって安定なものにしている「加工」を施したものです。これと全く同じ加工は「スクワレン」でも行われていて、水素添加によって、よくご存じの「スクワラン」になります。
こういった加工を「合成」と呼ぶのであれば、アミノ酸や糖、脂肪酸など多くの成分が精製過程で加工を受けていますので、天然と呼べるものはごくわずかと言えるでしょう。
石鹸もれっきとした界面活性剤ですが、脂肪酸に苛性ソーダのようなアルカリで「けん化」という化学反応を起こして作ります。手作りしたことのある方はよくご存じですね。
ということは、石鹸も「合成界面活性剤」ということになってしまいます。だけど、この本では石鹸は「合成」と呼びたくないので、こんなわけのわからない定義になってしまうのでしょうね。

もちろん、私もすべての界面活性剤が安全だとは決して口が裂けても言いません。
例えば、「ラウリル硫酸Na」という界面活性剤は生化学の分野ではタンパク質の変性剤として使用しますし、動物実験で人工的に肌荒れを起こすときにも使用します。
これなんかは危険度■■■でもよいくらいです。
一方、モノグリセリドやポリグリセリドの種類は(たとえば「ステアリン酸グリセリド」など)、とても安全な界面活性剤で乳化に用いられ、脱脂力はあまりありません。クリームや乳液に適量使用することでは全く問題ありません。しかも、洗顔料などに添加するとセラミドなどの角質細胞間脂質の喪失を防ぐ効果もあるのです※
前述の水添レシチンも肌荒れ改善効果があります。
最近では、目に入れても痛くない、安全な洗浄用界面活性剤も出てきました。
これらは毒性なし、でいいのではないでしょうか。

「すべての合成界面活性剤が毒だ!」という理論は、まるで「すべての北朝鮮の人はテロリストだ!」と言っているようなもので、もちろん真ではありませんよね。戦時中のナチスドイツがユダヤ人を迫害した戦略にも似ています。とても危険な思想だと思います。
天然のものは安全と思うことも「アメリカ人はみんないい人!」と思うようなものなので、これも危険ですよ

合成ポリマーについての誤解は次回にお話しします。

※参考文献「スキンケア最前線」宮地良樹編メディカルレビュー社

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 68
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
水添レシチンはいろんなところで危ないって書かれて
ます。合界もしかりです。管理人さん、本出して
下さい。
pipis
2011/09/22 21:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
化粧品の毒性を判定? 美しいお肌をつくりましょう/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]